2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.04 (Tue)

ニコニコ動画の主コメについて

 しばらく、あんこくのどうくつの攻略期間になってるんで、編集後記はここを攻略してからまとめてやろうと思う。
 ブログのコメントはちょこちょこと拝見してます。寄せられるメッセージ・コメント等に対する俺の姿勢としては、オフィシャルな一括反応を基本としようと思います。一対多というコミュニケーション方式は、ままならねえもんだよね。

 ところで、ニコニコの主コメ(動画開いた時に上のところに出るやつ)というのは、プレミアム会員のみがHTMLタグを利用できる(改行や太字など)という仕様になってるわけですけど、これってよくよく考えると不思議ですよね。俺も一時期はプレミアム会員でしたが、今は一般会員としてやってます。おかげで夜は重くて動画がろくに見れない状態ですが、まあそれはいいとして、主コメを修飾する権利が、動画のうp主に対するサービスとして提供されているというのは、何とも不思議なものだと思いますね。普通に考えると、動画の主コメというものは視聴者が読むものであり、そこから関連動画へのリンクを参照したりする必要があるわけです。つまり、主コメが充実して利益を得るのは、視聴者であるはず。しかし実態はそうではなく、うp主がプレミアム会員でなければ、文章の改行もできない。
 もちろん、自分が動画を上げた時のことや、その他のうp主の振る舞い、現状を見れば、その仕組みに納得いかないことはありません。動画を上げた者としては、動画そのものをコンテンツとして高めたい欲望がある。主コメの整備もその一環ですから、実情として、コンテンツを充実させる権利がうp主へのサービスの範疇になっていることは、理解に難くないものです。もちろんビットレートの上限が高くなることも同様に捉えられますが、これについては、帯域の抑制という意味合いが強いでしょう。高ビットレートの動画をホイホイ上げられては、回線がもたない。ひろゆきも、

「総務省の試算によれば、日本のトラフィック総量は720Gbps。ニコニコ動画のトラフィックは1視聴あたり約500kbpsなので、144万人が同時に見ようとしたらダウンしてしまうし、そもそもそれに耐えうるサーバは作れない」
(ニコニコ動画がテレビの座を奪う日は来ない--ひろゆき氏の分析:マーケティング - CNET Japan)


 と言っていることですからね。でも、主コメの修飾というのはそういう類いの話ではなく、あくまで視聴者のために提供されるもののはずですから、違和感を覚えてもおかしくはない、ビットレートとは差異がある意味合いだと思います。
 かといって、じゃあうp主には修飾を自由にさせることにして、プレミアム会員の視聴者だけに、その修飾された状態の主コメが見れる、という風にするのは、よりまずい気はします。ニコニコ動画は、全体としての集団性がなければ成り立たない盛り上がり方をしますから、見る人はみんな同じものを見なければならない。画質を落としてエコノミー派とプレミアム派に分離させるのがギリギリのところでしょうね。できれば、全員に同じものを見せたい。だからうp主側の時点で調整する必要があるんでしょう。エコノミーは、帯域の問題がありますから、やむを得ないといったところでしょうかね。さらにいえば、運営としては1000人に10000動画を見られるよりは、10000人に10000動画を見てほしいでしょうから、ランキングのデフォルトを週間にしたことの意味合いは・・・まあこれはまた別の機会があれば考えたい問題ですな。
 結論としては、コンテンツの提供側(うp主)はかなりつけ込まれているけど、現場の力学を考えれば不自然ではないということ、運営はとにかくプレミアムに付加価値をつけて、プレミアムを増やしたいということ、ってな感じですか。最近の機能の拡張も、軒並み、プレミアム会員と一般会員を差別化するものばかりでしたしね。確かに、これほど優良なサービスがいつまでも赤字であるというのは不健康ですから、何とか利鞘を稼いでほしいものです。今回はこんなところで。
スポンサーサイト
11:30  |  思考  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。