2008年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.30 (Sun)

えへへ



 羅刹ラジオ遅刻のペナルティとしてやりましたが、なかなかのクソ動画になってしまった。


 ところでFF3ですが、毎日は厳しくなりそうです。ボス前で、計画性をもって攻略を進めていかねばならん状況であることが主たる要因です。なるべく気長に待っていただけたらと思います。
スポンサーサイト
18:14  |  その他  |  TB(1)  |  CM(20)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.29 (Sat)

FF3やで おめでとう



 おかげさまで「FF3やで」のマイリスが1000超えました!!!!!
 マジでありがとう!!!!!
 わああああああああ!!!!!!!
05:11  |  FF3やで  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.25 (Tue)

FF3やて

 ども! さっき撮ったので多分上げれると思います!
17:22  |  FF3やで  |  TB(0)  |  CM(21)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.22 (Sat)

ラジオ

 ラジオまじですいません!
 22:30~飛び入りで出させてもらいます!
 ほんますいませんした!
20:39  |  その他  |  TB(0)  |  CM(32)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.21 (Fri)

すいません

 いやあ、最近、家の掃除ばっかしてました。卒論関係もやってるので、来週半ばぐらいから、再開できるんじゃないかと思ってます。掃除の話も織り交ぜていきたいと思っております。

ff3yade.jpg


 メールの方で、素晴らしい絵を頂きました! マザー2がどう見ても男じゃねえけどその気持ちは分かるぞ! すげーうれしいです。ありがとう!
11:31  |  手記  |  TB(0)  |  CM(22)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.17 (Mon)

ほっほ

 まず第一に言っておかなければならないことだけど、すいません、師走とはよく言ったもので(気が早いが)、何とも用事がえっちらおっちら舞い込んでおりまして、少しFF3の毎朝更新を休憩します。某天才実況主に「朝の顔やな」と言われ、某外国人実況主に「歯の痛みごときで怠けるな」と叱咤されましたが、俺は某亀戸の実況主の顔はきっと梶井基次郎みたいなんだろうと想像しています。この記事、多分しばかれるな。ということでみなさん、この隙に、あるいは、懐かしさと共に、学怖でも見て下さい。
 歯の方は順調です。これから親知らずを抜く人にエールを送るなら、そうだなあ、歯を抜くとドライソケットという症状が残ることがありましてね、半永久的に抜いたところが痛くなり続けることがあるそうですよヒヒヒ・・・。どこがエールやねん。しかしこれは俺も恐怖してる。でも、抜かないともっとひどいことが多いので、抜きましょう・・・。あーまだあと最大で3回もやらなあかんのか。しんどいなあ。頑張ろうぜ・・・。
 編集後記は滞ってますが、今後、気が向けばやるという方向で、お願いします。
 ラジオは、どうなるか俺も楽しみです。全てのゲストが本命やな。そのトップバッターを任されるとは、いやー嬉しいなと思ってたら狂変人タナカについてかよ。俺はタナカさんのファンなので、構わんといえば構わんけど、そうなったら、世界で十五番目ぐらいにどうでもいいラジオになるやろうな(笑)。それはともかく、楽しみやな。
08:06  |  手記  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.15 (Sat)

しんすけラジオ



 頑張ります!
05:53  |  その他  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.14 (Fri)

要するにこういうことだ







15:52  |  手記  |  TB(0)  |  CM(26)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.13 (Thu)

審判の日

 いよいよ二時間後に抜歯する。その予定だ。
 記念すべき親知らずの日。親知らずといいながら親を知りまくっている不届きな歯が、どっか行く日。
 痛みにより、実況が滞る可能性がある。
 その時は、まだ書いてない編集後記を書こうと思う。

 密談Ⅱでルーツが「大丈夫すか!」と叫んで、破壊音が鳴ったあれは、俺がおもっくそベロベロに酔った末に、トイレに行こうとして、誤ってパソコンに回し蹴りを入れてしまった音です。フラフラになって繰り出されるその蹴りはまさしく酔拳(足や)。めでたくパソコンは再起動し、ついでにクールダウン時間を入れる必要があった。宅飲みであんなに酔うとはな。あそこから後は、エロレロしそうになりながら、気合で録ったのだった。がはは。
15:07  |  手記  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.06 (Thu)

密談Ⅱ



 密談と称して、ルーツさんと話をしました。例によって酒を入れながらの、ただの会話なわけですが、この日は酒量を計りかねて、相当酔ってしまい、変なところでクールダウンを入れる必要が生まれてしまった。要するに、俺が酔いつぶれてしまったということです(笑)。飲み過ぎには注意せんといかんね。そのせいで、ルーツに編集やうpや壁紙の決定などを委ねることになり、甘えてしまいましたが、無事にうpされてよかった。また今度、機会があったらやりましょう。
21:56  |  その他  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.06 (Thu)

FF3やで 編集後記 part35~37



AA000018.jpg

 いよいよあんこくのどうくつに突入、一発クリアだったのにpartが3つもできてしまったという長編ダンジョンだな。1時間ぐらいかかってるわけだ。ラスダンはもっともっとかかるというが、全滅でもしたらそれは発狂するんじゃないだろうか? もう全滅してもノーカットでいったらいいんじゃないか。requiem for the man of no cutだ。nomadでした。

AA000019.jpg

 よくない。バックアタックされるし、さんざん分裂された過去もあるし、なんなんだこいつらは。この先、何があってもこいつらを良きライバルのように認めることはないだろう。分かりあうには、あまりにも増えすぎた。

AA000020.jpg

 話すことがなさすぎたせいで行なわれた戦争、きのこの山vsたけのこの里。きのこ軍の俺は、敵が多いようだ。しかしたけのこの里はチョコレートの量が少なくないか? きのこの山の、あの塊のようなチョコレートにこそ、チョコレート菓子としての強さがあるのではないかと思う今日この頃だ。それとも、形状が卑猥なので敬遠されているのか。誠に遺憾である。

AA000021.jpg

 どこのSSとってもこいつらばっかり映っている。いい加減にしろ。そういえばこいつの形状はどことなくきのこの山のそれに近いかもしれない。きのこの山派に不利な証拠ばかりがあがっているようで、やはり誠に遺憾である。

AA000022.jpg

 隠し通路がもう当たり前になりすぎているこのダンジョン。無意味なつながりもあったりなどし、ややこしい。少ないフィールドでいかに歩数を稼ぐかに腐心していることを見抜いたところで、どうにもならない。しかもSS撮るタイミングが遅くて移動している途中の暗転になってる。イィーッ!

AA000023.jpg

 無駄な歯医者話。今日、正式な詰め物をしてもらった。でもまだ通院生活は続くのであった。オチのない話もどんどんやっていく。全ての話にオチがあると思うなよ! まあ、ちゃんとしたオチのある話を今までにしてきたかという問題なんだけど。

AA000024.jpg

 つちのきばに手をつけたらいきなり出てきたヴォス。無造作に置かれていたからといって油断してはならないということだな。黒魔導師を割と酷使していたので焦る。戦闘中にジョブを変えるぐらいの器用さを見せてほしい。

AA000025.jpg

 超ザコかったので何とかセーフ。無事につちのきばを手に入れた。ストーリーが進むというのは実に爽快だ。いくら分裂するやつの経験値が低いとはいえ、戦いで得たものをふいにしたくはない・・・。何より、プレイした時間が全く無駄になるのはテンションがやばいけど、ともあれ、よかった。

AA000026.jpg

 最後に、からてかの攻撃力を下げて終了。ジョブを変更することと装備をさせることは分化せずにワンセットの行為として認識していたので全く気付かなかったね。既にプレイしたことがあるとか、よほど数値等に気を配るとかじゃないと、再発は免れないと思うな。そういうミスに対する温度差も、俺と、見ている人の間で、著しい。こういう場面における釈明としてこの場を設けたという意味合いもあるのだが、撮ってる最中にメタ的に動画としての強度を考えたり、時間の考慮、話題の考慮、話す内容の考慮、画面にある突っ込みどころの走査などなど、リソースの振り分けにかなり難儀しますな。まあ、よくない点はなるべく修正していきたいと思うので、また次回。
21:52  |  FF3やで  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.04 (Tue)

ニコニコ動画の主コメについて

 しばらく、あんこくのどうくつの攻略期間になってるんで、編集後記はここを攻略してからまとめてやろうと思う。
 ブログのコメントはちょこちょこと拝見してます。寄せられるメッセージ・コメント等に対する俺の姿勢としては、オフィシャルな一括反応を基本としようと思います。一対多というコミュニケーション方式は、ままならねえもんだよね。

 ところで、ニコニコの主コメ(動画開いた時に上のところに出るやつ)というのは、プレミアム会員のみがHTMLタグを利用できる(改行や太字など)という仕様になってるわけですけど、これってよくよく考えると不思議ですよね。俺も一時期はプレミアム会員でしたが、今は一般会員としてやってます。おかげで夜は重くて動画がろくに見れない状態ですが、まあそれはいいとして、主コメを修飾する権利が、動画のうp主に対するサービスとして提供されているというのは、何とも不思議なものだと思いますね。普通に考えると、動画の主コメというものは視聴者が読むものであり、そこから関連動画へのリンクを参照したりする必要があるわけです。つまり、主コメが充実して利益を得るのは、視聴者であるはず。しかし実態はそうではなく、うp主がプレミアム会員でなければ、文章の改行もできない。
 もちろん、自分が動画を上げた時のことや、その他のうp主の振る舞い、現状を見れば、その仕組みに納得いかないことはありません。動画を上げた者としては、動画そのものをコンテンツとして高めたい欲望がある。主コメの整備もその一環ですから、実情として、コンテンツを充実させる権利がうp主へのサービスの範疇になっていることは、理解に難くないものです。もちろんビットレートの上限が高くなることも同様に捉えられますが、これについては、帯域の抑制という意味合いが強いでしょう。高ビットレートの動画をホイホイ上げられては、回線がもたない。ひろゆきも、

「総務省の試算によれば、日本のトラフィック総量は720Gbps。ニコニコ動画のトラフィックは1視聴あたり約500kbpsなので、144万人が同時に見ようとしたらダウンしてしまうし、そもそもそれに耐えうるサーバは作れない」
(ニコニコ動画がテレビの座を奪う日は来ない--ひろゆき氏の分析:マーケティング - CNET Japan)


 と言っていることですからね。でも、主コメの修飾というのはそういう類いの話ではなく、あくまで視聴者のために提供されるもののはずですから、違和感を覚えてもおかしくはない、ビットレートとは差異がある意味合いだと思います。
 かといって、じゃあうp主には修飾を自由にさせることにして、プレミアム会員の視聴者だけに、その修飾された状態の主コメが見れる、という風にするのは、よりまずい気はします。ニコニコ動画は、全体としての集団性がなければ成り立たない盛り上がり方をしますから、見る人はみんな同じものを見なければならない。画質を落としてエコノミー派とプレミアム派に分離させるのがギリギリのところでしょうね。できれば、全員に同じものを見せたい。だからうp主側の時点で調整する必要があるんでしょう。エコノミーは、帯域の問題がありますから、やむを得ないといったところでしょうかね。さらにいえば、運営としては1000人に10000動画を見られるよりは、10000人に10000動画を見てほしいでしょうから、ランキングのデフォルトを週間にしたことの意味合いは・・・まあこれはまた別の機会があれば考えたい問題ですな。
 結論としては、コンテンツの提供側(うp主)はかなりつけ込まれているけど、現場の力学を考えれば不自然ではないということ、運営はとにかくプレミアムに付加価値をつけて、プレミアムを増やしたいということ、ってな感じですか。最近の機能の拡張も、軒並み、プレミアム会員と一般会員を差別化するものばかりでしたしね。確かに、これほど優良なサービスがいつまでも赤字であるというのは不健康ですから、何とか利鞘を稼いでほしいものです。今回はこんなところで。
11:30  |  思考  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.03 (Mon)

FF3やで part34 編集後記



AA000013.jpg

 ようやくたどり着いたファルガバード。こんな辺鄙なところに住んで、忍びの里気分か! 毒づいてしまうほどの致命的な見落としだ。魔剣士はもっとポップに生きるべきだ。八王子に住み、渋谷で夜を過ごすべきだ。するとあの修行に来ていたと言っていた魔剣士は、さながらネカフェ難民か。どういうことか分からないことを今、言いましたね。

AA000014.jpg

 魔剣士の村のくせに魔剣士の装備はさして多くない。こんなに品数が少なかったら、村中でペアルックだらけやないか。みんな同じような出で立ちになる、というか実際になっている。みんな黒ずくめの鎧姿。夏場、暑くないか?

AA000015.jpg

 なんか村の中にわけのわからない洞窟があったので突入する。中は魔剣士じゃないと通用せんと、案内人のじじいが言っていたが、ならお前らの得意領域じゃないのかここは。村の内部にこんな危なっかしいところがあったら治安最悪だろう。即座に制圧するべきじゃないのか。どう考えてるんだそこのところは。

AA000016.jpg

 当然ながら、魔剣士はこのダンジョンのモンスターキラー。一度も分裂することなくバッタバッタとなぎ倒してさらに高ダメージ。いやー爽快爽快。これで4人のせんしたち、俺、ご覧の人々の溜飲も下がったことでしょうな。いやー3回も迷ったことをもうすっかり忘れてしまいますなあ! いやーそもそも俺って迷ったりしましたっけ? そんなバカなこと、あり得ないですよね。いやー、飛空艇オブザイヤーですね。

AA000017.jpg

 宝箱には魔剣士グッズばかり。でもこれもよく考えるとおかしい。魔剣士を天敵とする奴らがご丁寧に梱包して魔剣士グッズを保管しているだろうか。いつの日か虐殺される日を心待ちにしているとか。どれだけ破滅的な思想なんだ。あまりにも増えすぎたので、種族としてニヒリズムが蔓延したのだろうか。やはり増えることはよくないことばかりだ。みんなもあんまり増えたりしないようにしよう。むやみやたらに増えると、このようなことになる。増えることは、よくないこと。
 次回はいよいよあんこくのどうくつ攻略編。
05:22  |  FF3やで  |  TB(0)  |  CM(26)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.02 (Sun)

FF3やで part31~33 編集後記



AA000007.jpg

 Part31~33といえば、ひたすらに次の目的地を探す旅だった。まずはウネの言葉通りに、「あんこくのどうくつ」とやらに向かう。当然、この巨大な飛空艇を利用しないと行けない所にあるはずであり、なんでも「山にポコポコ穴が開いてるところ」を探せばよいらしい。

AA000008.jpg

 紆余曲折を経て、何とか目的地に到着。道中ではせせこましく我らの航路を阻害しにかかる暇なモンスターに襲われる。もっと割のいい仕事など世の中にはいくらでもあるというのに、それどころか彼らはギルを奪われて大赤字だ。マゾヒズムに憑かれた行動としか思えない。こちとら、ガチで家を背負って旅してるようなもんなんだから(しかも量販店つき)、生半可なやつが敵うべくもないのだ。ハゲどもを尻目に洞窟へ潜入。しかし・・・

AA000009.jpg

 「あんこくのどうくつ」にも、part30の悪夢が再び。分裂はもういいんだよ。分裂はもういい。この大きな文字を、ドラえもんのコエカタマリンで物質化してもらって、脳天に落としてやればいい。でもその下敷きになりながらもこいつら増えるんやろうな。誰か、警察呼べや。ビルの上から飛び降り自殺しようとしてる人を止めるみたいに「やめなさーい」とか拡声器で忠告してやれや。
 魔剣士がどうしても要るらしいので、宝箱を1個取っただけでいったん引いて(その僅かな間にさえ、あいつらが出たけど)、魔剣士の村を探すことに。

AA000010.jpg

 ウロウロしまくって、船で潜ってサロニアの地下へ。本来の目的を見失うとはこのことだよ。しかし有益な探索ではあると思うのでそのまま突っ込む。オーディーンとの対決。全体攻撃などしない、ガチンコタイマン野郎だと思い、こいつの足の裏のにおいなら嗅いでもいいぐらいの気持ちでいたら、おもっくそ全体攻撃してきた。武豊のような凛々しささえ感じていたのに、何たる仕打ち。こちらも負けじと、空手家にヘイストをかけてフルボッコにする。あの手数を見るに、もう空手家には余分に手が生えていると思うんだが、どうか? 武器3つぐらい装備したらええんちゃうんか。そうでなくても、ジプシージャグラーみたいに、回しながら持て。
 無事になぎ倒し、召喚魔法「カタスト」を入手する。でも幻術師は死んだ。徒労に終わるのかね。

AA000011.jpg

 さらにウロウロし、取り損ねたらしい時の神殿の宝箱も取りに行く。ドラゴンが出てきて、ドラクエ「ドラゴン!?」とまた過剰反応するも、エフエフが「もう過去のことは忘れえや! 今はわしのシマでやっとんや!」と強く言い聞かせていたことでしょう。マザー2が少し離れたところで煙草をふかしながら、「仲良うせんと、DSのライセンス契約切るで」と鎮静化に努めたこともあり、事なきを得ました。しかしドラゴンのあまりの弱さを目の当たりにした時、エフエフが嘲笑を浮かべたことを、ドラクエは一生忘れないだろう。んなこたーない。腕に装備する「まもりのゆびわ」を手に入れた。

AA000012.jpg

 問題のシーン。何度もスルーしまくったことでどれほどの視聴者を激昂させたのかと思うと、あぴゃっぴゃっぴゃっぴゃ!!という気持ちになる。南西と言われていれば未来は変わっただろうか。part34ではちゃんと行くので、何とかカタルシスを感じていただきたい。
21:41  |  FF3やで  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.02 (Sun)

FF3やで part30 編集後記



 どうもRevinです。FF3をやってます。
 これやっててすげー思うのは、プレイ中、喋ることに気をとられて、プレイも話も何もかもが中途半端になってまうことが多いんよな。part31~33のウロウロにしてもさ。まあ、あれは素でやってもあんま見つけられた自信ないけどよ、何とか自分で自分を弁護せなあかんと、このたび思ったわけです。
 それでね、実況を撮ったら、その編集後記(編集しない動画だけど)みたいなものを書いてもええんちゃうかと思ったわけです。思ったわけです。
 part1まで遡及してやるのがいいのかもしれんが、さすがに労力もあるから、まあ、今はとりあえずpart30からやってみようかなあと思っているのだよな。そういうことですな。

AA000000.jpg

 part30といえば、体感時間としてはもうすっかり過去のことでおぼろげなのだけども、動画を自分で見返すに、リュートを手に入れたのでウネさんところに行って起こすというところから始まったわけだ。相変わらずアタックチャンスを徒手空拳で演出するその心意気には胸を打たれるが、相手は夢心地のグースカピーということで、思えばこれは、幼なじみが寝坊する主人公を起こしにやってくるシチュエーションというものを再現しているのではないか、と思わないでもない。

AA000001.jpg

 寝起きの体操と言いながら壁の上を走り回るウネに、幾許かの怒りと共に、俺は元気いっぱいのスポーツ少女を思い浮かべたりもした。

AA000002.jpg

 期待もむなしく、自らばばあ宣言。遺憾である。思わず口汚い言葉で罵ってしまったけども、あれは若気の至りであり、俺はウネを好意的に捉えていることに留意願いたい。

AA000003.jpg

 何はともあれ古代遺跡へ。ウネは結局、道をふさぐ岩を破壊しただけであり、エフエフあたりが空手家としての修練を積んでいれば、ウネなしでもいけたのではないかと思わないでもないが、それはともかくこのふえるワカメちゃんの増殖ラッシュには辟易。1戦闘当たり平均約15分ほどかかっていると思われる。

AA000004.jpg

 こいつらなんか完全な悪夢で、最長で30分かそこら戦っていたと思う。この緑のうんこどもは、今すぐに名前を「ナイトメア太郎」「ナイトメア次郎」に変えるべきである。家庭内で、太郎が増えたり、次郎が増えたりしたら、ご両親はさぞや嘆かれるだろうが、自業自得であり、彼らは増えたりしなければよかったのである。なぜ執拗に増えるのか、増えるということをどう思っているのか、増えない人生というものを想像したことがあったのか。疑問は膨らむばかりだ。
 閑話休題、全滅した回(動画の最初のところで学者街を出てすぐカットした後と、その後もう一回)ではもっと長い戦闘が繰り広げられたこともあった。この時点では魔剣士になれなかったろうから、魔導師軍団で何とか乗り切るのが最善だったろうと、今にしてみれば思わないでもない。キャパシティを考慮してのジョブ固定だったんだけど、裏目に出たし、ダンジョン内でキャパシティがカンストするというアイロニックな出来事さえあって、全滅した時には、稲中よろしく、金玉を月夜に照らすなどの蛮行で、憤懣を昇華したくなるほど追いつめられていたのだった。

AA000005.jpg

 何はともあれ、無限回の試行をすれば、1刹那パーセントの確率のことだって起こるはずという意気で頑張って、割とアッサリ巨大船に到着した。誰のポケットマネーになるのか分からん店などが設置されていて、その物価に、万博や遊園地の飲食店を想起せざるを得なかったが・・・。

AA000006.jpg

 風格のある大きさを誇るこの飛空艇で、豪華な空の旅を満喫することができる、と希望に満ちあふれた未来が目に見えた。はずだった。
18:34  |  FF3やで  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。