2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.02 (Sun)

FF3やで part30 編集後記



 どうもRevinです。FF3をやってます。
 これやっててすげー思うのは、プレイ中、喋ることに気をとられて、プレイも話も何もかもが中途半端になってまうことが多いんよな。part31~33のウロウロにしてもさ。まあ、あれは素でやってもあんま見つけられた自信ないけどよ、何とか自分で自分を弁護せなあかんと、このたび思ったわけです。
 それでね、実況を撮ったら、その編集後記(編集しない動画だけど)みたいなものを書いてもええんちゃうかと思ったわけです。思ったわけです。
 part1まで遡及してやるのがいいのかもしれんが、さすがに労力もあるから、まあ、今はとりあえずpart30からやってみようかなあと思っているのだよな。そういうことですな。

AA000000.jpg

 part30といえば、体感時間としてはもうすっかり過去のことでおぼろげなのだけども、動画を自分で見返すに、リュートを手に入れたのでウネさんところに行って起こすというところから始まったわけだ。相変わらずアタックチャンスを徒手空拳で演出するその心意気には胸を打たれるが、相手は夢心地のグースカピーということで、思えばこれは、幼なじみが寝坊する主人公を起こしにやってくるシチュエーションというものを再現しているのではないか、と思わないでもない。

AA000001.jpg

 寝起きの体操と言いながら壁の上を走り回るウネに、幾許かの怒りと共に、俺は元気いっぱいのスポーツ少女を思い浮かべたりもした。

AA000002.jpg

 期待もむなしく、自らばばあ宣言。遺憾である。思わず口汚い言葉で罵ってしまったけども、あれは若気の至りであり、俺はウネを好意的に捉えていることに留意願いたい。

AA000003.jpg

 何はともあれ古代遺跡へ。ウネは結局、道をふさぐ岩を破壊しただけであり、エフエフあたりが空手家としての修練を積んでいれば、ウネなしでもいけたのではないかと思わないでもないが、それはともかくこのふえるワカメちゃんの増殖ラッシュには辟易。1戦闘当たり平均約15分ほどかかっていると思われる。

AA000004.jpg

 こいつらなんか完全な悪夢で、最長で30分かそこら戦っていたと思う。この緑のうんこどもは、今すぐに名前を「ナイトメア太郎」「ナイトメア次郎」に変えるべきである。家庭内で、太郎が増えたり、次郎が増えたりしたら、ご両親はさぞや嘆かれるだろうが、自業自得であり、彼らは増えたりしなければよかったのである。なぜ執拗に増えるのか、増えるということをどう思っているのか、増えない人生というものを想像したことがあったのか。疑問は膨らむばかりだ。
 閑話休題、全滅した回(動画の最初のところで学者街を出てすぐカットした後と、その後もう一回)ではもっと長い戦闘が繰り広げられたこともあった。この時点では魔剣士になれなかったろうから、魔導師軍団で何とか乗り切るのが最善だったろうと、今にしてみれば思わないでもない。キャパシティを考慮してのジョブ固定だったんだけど、裏目に出たし、ダンジョン内でキャパシティがカンストするというアイロニックな出来事さえあって、全滅した時には、稲中よろしく、金玉を月夜に照らすなどの蛮行で、憤懣を昇華したくなるほど追いつめられていたのだった。

AA000005.jpg

 何はともあれ、無限回の試行をすれば、1刹那パーセントの確率のことだって起こるはずという意気で頑張って、割とアッサリ巨大船に到着した。誰のポケットマネーになるのか分からん店などが設置されていて、その物価に、万博や遊園地の飲食店を想起せざるを得なかったが・・・。

AA000006.jpg

 風格のある大きさを誇るこの飛空艇で、豪華な空の旅を満喫することができる、と希望に満ちあふれた未来が目に見えた。はずだった。
18:34  |  FF3やで  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

某所でお世話になってる者です
開設&解説お疲れ様です

FF3は未プレイなので、
彷徨いながらの進行も、俺には楽しく感じますw
閃光 |  2008年11月02日(日) 21:07 |  URL |  【コメント編集】

1刹那パーセントwwテラネウロwwww
aaaa |  2008年11月05日(水) 21:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rev84.blog92.fc2.com/tb.php/1-55295dc7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。